2016年04月20日

Marching Jが再始動で熊本地震支援に乗り出すも、「パンダ事件」の尾を引く不運

熊本地震で被害にあわれた方には、1日も早く日常生活を取り戻すことが出来るよう祈るばかりですが、ジャニーズ関係者も気持ちは同じと思います😃


そんななかで、東日本大震災で発足したMarching Jが再始動しました🎵


4月14日に熊本県益城町で発生した「平成28年熊本地震」を受けて、ジャニーズ事務所は所属タレントが出演する舞台の劇場に募金箱の設置を開始した。2011年3月11日に起こった東日本大震災の復興支援として誕生した「Marching J」プロジェクトを通じ、今回も支援を呼びかけている。
 東日本大震災から数週間後の4月1日〜3日には、国立代々木競技場第一体育館前の広場で、近藤真彦やSMAP、ジャニーズJr.らが参加する募金イベントを開催したジャニーズ事務所。今回も迅速な対応に乗り出し、タッキー&翼の滝沢秀明が座長を務め、東京・新橋演舞場で公演中の舞台『滝沢歌舞伎2016』では、15日の昼公演終演後に出演者のジャニーズJr.が舞台衣装や演出で濡れた状態の髪のままロビーへ立ち、募金箱を抱え来場者へ募金の呼びかけを開始した。
 また、16日に大阪松竹座で開幕した舞台『寝盗られ宗介』でも、主演のA.B.C‐Z・戸塚祥太がカーテンコールで「僕たちにできることは何かなと思い、義援金を募らせていただきたいと思います」と告知。劇場ロビーに募金箱が設置されており、両舞台ともに募金活動について「集められた義援金は、全額被災地の皆様のために活用されます。何卒ご協力のほどお願い申し上げます」といったコメントが、「Marching J」のロゴ入りで掲示されていたという。今後は11年に東日本大震災のチャリティーイベントとしてスタートした『嵐のワクワク学校2016』(6月開催予定)などでも、支援活動が続いていくものとみられる。
出典:サイゾーウーマン



世間に幅広い影響力と支持者を持つジャニーズタレント達が、募金などを呼びかけるのは理にかなっていますし、大変素晴らしい活動だと思います✨


ただ、そんな活動を尻目に、あのマッチの「パンダ事件」が尾を引いており、疑念の声が出ているみたい💦💦


「パンダ事件」のおさらいですが、これは東日本大震災で発足したMarching Jを通じて、50億円の募金を集めるとともに、そのお金で東北にパンダを招致しようとしていた構想です。


これ自体にも当時既に非難の声が上がっていたのですが、結局すぐすぐには実現しないことだったので、平行して、中国地震の震災遺児たちに奨学金名目で募金を拠出し、「パンダ招致」の地ならしとする構想もあったようです、、


これについて「今大変な東北の人にお金を送るべき」などの至極まっとうな意見が噴出したため、結局パンダ招致は撤回され、同時に中国遺児たちへの奨学金も立ち消えになった。

Marching Jが集めたお金は、東北の子供たちの支援に使う、と事務所がアナウンスを出して幕を下ろしたというちょっとした騒動です。

次期社長は間違いないか?

この背景には、近藤真彦を将来事務所幹部に据えるために、箔を付けさそうという政治的な思惑もあったとの噂も仄聞され、ファンの間に食あたり感をのこした事件でもあり、これらを総称して「パンダ事件」と呼んでいます。


そんなちょっと曰く付きのMarching Jによる募金が再開されたため、「今度は熊本にパンダ招致か?」などとちょっと根も葉もない噂が出ているのですが、事務所側はMarching Jも含めて、具体的な使途についてはまだ明らかにしていません💡😖


募金というと、確かに結構うさんくさい感じがする場合があるし、だからこそ、いくら集まって、誰に、いくら、何に使うか、という透明性をきちんと担保することが大事だと思います💕


もちろんMarching Jは信頼できますから、募金先としては魅力的ですし、募金をたくさん集める力もあると思いますので、純粋に支援する気持ちを大事にして、有効活用して欲しいと思います💓💓







【関連する記事】
posted by 御用達 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック