2016年04月20日

Hey! Say! Jump中島裕翔スキャンダルの余波 吉田羊が映画界追放?ジュリー氏の怒り収まらず

恐れていたことが現実となった、、というかまあ吉田羊がどうなろうと私はしったこっちゃないのですが、やっぱり藤島ジュリー景子副社長は相当おかんむりのようでございます。。💧

(実る程頭を垂れて欲しかった、、、)

どうやらジュリー氏の圧力が陰に陽に働いているようで、映画業界では「吉田羊は起用しないでおこう」と自主規制の動きが出ているみたい😵


やはりジャニーズは怖かった!?「週刊ポスト」にジャニーズのアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔(ゆうと=22)との“7連泊愛”を報じられた注目女優の吉田羊(年齢非公表)がその後、大変なことになっている。今回の“お持ち帰り報道”を受け、映画界は吉田の起用を自主規制しようとの流れになっているというのだ。
出典:東スポ



本件については、以前のエントリでも、ジュリー氏が週刊誌報道を差し止めなかったことでお灸を据え、本人達ももう会わないと申し合わせた事で、おそらく一件落着、但し吉田羊のキャリアには傷がついた、と述べましたが、傷どころか致命傷になるかもしれません😵💣


ある映画関係者も「複数の大手映画会社が頭を悩ませていますよ。ジュリーさんが大激怒していますからね。最悪のケースで、吉田がメジャー映画から姿を消す日が来るかもしれません」と明かす。

 ここまでこじれてしまうのも、ここ数年にみられる「映画界とジャニーズの関係性」が大きく影響している。

 今年の日本アカデミー賞はジャニーズの人気グループ・嵐の二宮和也(32)が前年の「V6」の岡田准一(35)に続き、最優秀主演男優賞を獲得した。これに象徴されるように、いまのジャニーズは、所属アイドルを続々と役者業に進出させている。そのため、「ジャニーズなくしては映画ビジネスは成り立たない。ジャニーズのファンが映画を見に来るので、売り上げが見込め、安定して稼げるからです」(前出関係者)。

 まだ表立って「吉田との共演NG」のお触れは出ていない。ただ、「今後、ジャニーズのタレントを起用する際はジュリーさんの顔色をうかがって、自主的に“吉田外し”という流れになる。役者として実力があり、しかも旬の吉田を起用できないのは大きな痛手。今後はジャニーズがまったく絡まない映画での起用が主になるでしょう。これはテレビ界でも同じかもしれない」(同)というわけだ。

 気取りがなく、親しみやすい性格で仕事仲間からマスコミにまで評判がいい吉田。昨年公開の「ビリギャル」では日本アカデミー賞の助演女優賞などに輝き、今年も多くの作品の公開を控える。

「唯一の救いは先日、ジャニーズ野球大会で、先輩ジャニーズが中島相手に、この恋愛をにおわせるような話をネタにしていたように、ジュリー副社長はスキャンダルを逆手に取って売り出しを図るときがあること。そういうノリがあると分かれば、自主規制のような空気は和らぐかもしれないが…」(前出の芸能プロ関係者)
出典:東スポ



ジュリー氏が怒るのも無理はないことです。


寵愛していた中島裕翔くんに「裏切られた」と思う部分もあるだろうし、「私のかわいこちゃんに手を出しやがって」という怒りもあるでしょう💢


どちらにしたって2人の命運はジュリー氏が握っていると言っても過言ではありませんが、そもそも吉田羊自体がポッと出、というか、急にお茶の間に知られる様になった、一発屋的な側面もありますので(そこまで美人でもないですし)、このままあれよあれよと沈んでいく可能性は多いにあると思います。


どのみち映画界が自主規制せず起用したところで、その映画をヒットさせる、させないという次元まで、影響力がある人ですからねジュリーさんは😵


進も地獄、引くも地獄という感じですが、正直吉田羊から誘ったなら、自業自得かなーと思いますね😠💔






最後までお読み頂きありがとうございました。
応援宜しくお願い致します⬇⬇⬇
にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村

ジャニーズ ブログランキングへ


【関連する記事】
posted by 御用達 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック