2016年04月23日

Hey! Say! JUMPの伊野尾慧ちゃんが今年夏のドラマ出演内定でさらにブレイクの予感

当ブログでも結構前から、そのブレイクを予感して取り上げることの多かったHey! Say! JUMP伊野尾慧ちゃんですが、今年に入ってからの順風満帆ぶりがまだ続いているようです💕



4月からは『めざましテレビ』や『メレンゲの気持ち』に抜擢され、ピーチガールという漫画が原作の映画に主演も決まりました🎶


ちなみに「ピーチガール」は、元は上田美和さんの漫画が原作で、なんと類型1300万部を売り上げている人気コミックです✨



水泳部のももちゃんと、岡安 浬(かいり)くんの恋愛をモチーフに描いたストーリーで、それぞれ山本美月と伊野尾慧が演じることが決まっていて、公開は2017年の予定です💕



そして!さらにさらに、今年夏の連続ドラマに出演が決定したということですから、喜ばない手はありません💡🎵



そんな伊野尾が、今夏放送のドラマに出演することが決定しているという。

「いわゆる“ジャニーズドラマ”ではなく、主演、共演者ともに実力派がそろっていて、高視聴率が期待できる作品です。メインではないですが、同じHey! Say! JUMPの中島裕翔が『半沢直樹』で演じたようなおいしい役どころですよ。放送後は今まで以上に話題になることは間違いありません」(ドラマ関係者)
出典:週刊女性PRIME



まあ最近はドラマも、どれが当たってどれが外れるか、始まってみるまで全然読めないところはありますが、実力派の揃うドラマに出演すること自体、演技の幅や人脈作りにプラスに働くことは間違いないでしょう⤴🎶


こんなに引っぱりだこの伊野尾慧ちゃんですが、その理由はファンには当然というほど納得できる理由がありますが、業界関係者からはちょっと違った観点から評価されているようです💓



バラエティーでは建築科卒の知識や技術を生かしたり、その適当キャラで人気を集めている。しかし、ドラマ界ではまた違った評価のようだ。

「良い意味で普通ですね。ジャニーズのタレントだと取り巻きが多かったり、良くも悪くも目立つんですけど、スタッフに言われるまで彼が伊野尾クンだとは気付かないぐらい、現場に馴染んでいるんですよ。役者は現場や役柄に馴染むのも大事。そういう意味では使いやすいタイプですし、良い役に巡りあえれば役者としてもブレイクするんじゃないでしょうか」(芸能プロ関係者)
出典:週刊女性PRIME



、、なるほどお、、

やっぱり慧ちゃんは良くも悪くもインテリなバックグラウンドですので、取り巻き連中というのはちょっと他のタレント達とも毛色が違う部分があるのかもしれません😃


ジャニーズなのに建築科の院卒、ということだけでも、結構先輩芸能人やスタッフから興味を持ってもらえ易いでしょうから✨


ただ、あくまで個人的な意見、ということで言わせて頂きますと、「役者としてもブレイク」というのは言い過ぎなのかなと(もちろん期待はしてますが、、)


別に慧ちゃんの演技力がどうこう言っているのではなくて、なかなか彼の容姿や雰囲気に見合った主人公のドラマや映画というのは、そう簡単には見つからないと思うんですよね😵


ジャニーズで演技派と言われるタレント達は、例えば岡田くんもキムタクも、香取君や亀梨くんなんかも、似たようなキャラの演じる人物が多い中でも、比較的幅広い役柄を演じている場合が多いです💡


そういうタイプのジャニタレとはちょっと違う雰囲気がありますので、演技派路線はないのかなと💦


勿論、今後持ち前の柔軟さ?で化けるのかもしれませんが、個人的には、もっともっと独自の路線を切り開いて欲しいと思うワタシでございました💕





最後までお読み頂きありがとうございました。
応援宜しくお願い致します⬇⬇⬇
にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村

ジャニーズ ブログランキングへ


【関連する記事】
posted by 御用達 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック